2槽水切りステンレスシンク 一覧

2槽水切りステンレスシンク 標準仕様

  • 2槽水切りステンレスシンク
    2槽水切りステンレスシンク 素材はSUS430
    ※屋外で使用される、塩素系洗剤、消毒液等をご使用される場合は素材SUS430では
    錆が発生する確率が上がります。素材をSUS304に変更される事をお勧めします。
    価格はお問い合わせ下さい。
  • 樹脂製ゴミカゴ・止水用フタ付き
    樹脂製ゴミカゴ・止水用フタ付き
    業務用ステンレスシンクには写真の樹脂製のゴミカゴ、止水用のフタがセットになっております。
  • 樹脂製ゴミカゴ・止水用フタ付き
    流し台には臭気トラップ、排水ホース付属
    すべての業務用ステンレスシンクには写真の小型臭気排水トラップと接続に便利なジャバラホースをセットしております。
  • がたつき調整用アジャスター
    がたつき調整用アジャスター
    業務用ステンレスシンクには写真のアジャスターが装備されており水平を出すために若干の高さの調整ができます。

2槽水切りステンレスシンク オプション

  • 2槽水切りステンレスシンク
    水切り位置は左右どちらかをご指定下さい
    写真は向かって左に水切り、右側がシンクとなります。
  • 2槽水切りステンレスシンク
    業務用ステンレスシンクのバックガード厚み60mmへ変更
    ■上記のようにステンレスシンクに水栓をバックガードの上に取り付ける為にバックガードの厚みを通常30mmを60mmに変更して製作もできます。【追加料金は必要】
  • 2槽水切りステンレスシンク
    ステンレスシンク本体のバックガード上麺に単水栓の取り付けが可能

    ■混合水栓の場合は取り付け寸法の確認が必要です。また、真下にオーバーフロー本体と配管がございます。混合栓と水、お湯の配管と干渉する恐れもございます。その場合はオーバーフローを左右どちらかに寄せて製作することも可能ですが別途6,000円(税別)が必要です。

    ■ステンレスシンクのバックガードの上面に単水栓を取り付ける利点としては壁出しの水栓に比べて施工費用が安く済みシンクの移動や買い替えの場合などシンク寸法にとらわれず使い易いサイズを選択できます。

    ■よく水栓の位置が「低すぎてシンクの高さを低く製作」や「シンクと水栓位置がずれている」などお聞きしますがシンク一体が1番コスト面、利便性に優れていると思います。

業務用ステンレスシンク オプション価格表(税抜き)

業務用ステンレスシンク オプション価格表(税抜き)
バックガードの厚みを60mmへ変更 加算価格
幅450mmサイズの流し台の場合 5,000円
幅600mmサイズの流し台の場合 5,000円
幅750mmサイズの流し台の場合 5,000円
幅900mmサイズの流し台の場合 6,000円
幅1000mmサイズの流し台の場合 6,000円
幅1200mmサイズの流し台の場合 6,000円
幅1500mmサイズの流し台の場合 8,000円
幅1800mmサイズの流し台の場合 9,000円

ステンレス流し台オプション価格表(税抜き)
流し台の高さを900mmへ変更 加算価格
全サイズの流し台 2,000円

ステンレス流し台オプション価格表(税抜き)
オーバーフロー、排水口を左右に寄せて製作 加算価格
全サイズの流し台 6,000円