• トリミング用設備品
  • 動物病院向け設備品
  • デザイナーズミニキッチン
  • 医療用家具、オーダー家具
  • 業務用ステンレス製シンク
  • 5月, 2013年

    ステンレス製シンクが腐食

    2013-05-30

    ヌメリ取り剤によるステンレスシンクの被害とその対策

    ステンレス鋼に使用できない洗浄剤の特定
    塩素系洗浄剤の洗浄効果は大きいと思われるが、これに含まれる塩素イオンはステンレス鋼を腐食させる。

    ソース

    http://www.kitchen-bath.jp/public/40nenshi/4.17numeritori.pdf

    素材がSUS430、304に関係なく腐食しますので使用される場合は注意して下さい。

    ステンレスは錆びない素材ではなく「錆びにくい」素材です。

    ご使用の環境や使用される洗剤、塩素系洗剤やしょう油などの塩分の高いものが付着したまま放置するとサビる原因となります。

    ステンレスは鉄やアルミなどより塩分に対する耐食性にすぐれていますが、それでもステンレス表面に付着したまま放置するとその部分がさびることがあります。

    SUS430やより錆びにくい素材SUS304の製品でも塩素系には弱く錆びます。もらい錆びもします。

    ステンレスシンクをさびさせないためにも塩分の付着などの汚れを長時間残さないように使用後は水で洗い乾拭きを行う。

    濡れたスチール缶などを放置しておくと、すぐにもらいさびが付着するので注意する。
    塩素系のヌメリ取り剤などはさびの要因となるのでご使用に関して注意する。
    さびが発生したりもらいさびが付着した場合は、そのまま放置するとさらに進行するので、粒子の細かいクリームクレンザーなどで早めに取り除く。

     

     

     

     

    Copyright(c) 2010 wancolife All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme